スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF14希少人種の神

もうネタになるような直結の話はないので周りにいる普通の人の話を書こうと思う

素晴らしい人なので名前を晒すけどちっくさん

我がFCメンバーである

ちっくさんはFCメンバーの紹介でうちのFCに入ったんだがしばらくは一言の会話もなく空気のような存在だった

うちのFCは基本的に挨拶も気が向いた人しかしないしログアウトもコンテンツ内で落ちるような雑さなのでそういう人も珍しくなかった

自分いますよっていうアピールしたい人は挨拶してるくらい

必ず挨拶しなきゃいけないのはおにぎりだけだった

ちっくさんはFCメンバーと同じ固定に入っていて固定の日にログインしてきてあとは無言っていう人だったので性格も何もわからない謎な人だった












ずっと空気だったちっくさんだが1度か2度ほどだけPUBGを一緒にした

VCだと声が硬めだったからきつい性格の人なのかなという印象

それからまた期間が空いて私たちがオフ会することになりらるちゃんがちっくさんにも会いたいということでダメ元で声をかけてみることにした

あっさりOKだった

ただ仕事後になるということで遅れて合流することになった

らるちゃんはちっくさんに焼肉おごってもらうって張り切っていた












そしてオフ会の日、2次会から待ち合わせして参加

最初の性格きつい人なのかなという印象とは真逆のもやし・・・柔らかそうな人だった

見た感じ草食系って感じでタイガーと同じ年齢だったがかなり若い見た目だった

東京初心者ばかりの私たちは仕事後に来てくれたちっくさんにお店を探させて選んでもらいついていくだけというなんとも気の使えない集団だった

割と人数がいたから3連休中だったのもありなかなか入れるお店を探すのに時間がかかった

それでもちっくさんが探してくれた

ちっくさんは仕事後だったのでまだ食事をとっていなかったので食事しつつ、私たちはすでに1次会でたくさん食べてきたのである程度のお酒があればいいやという感じだった

飲み放題にはせずにお酒いらないとかいう人もいたので普通に各自注文していった

ドア側で食事するちっくさんに横に座っていた私だが気も使わないままタイガーに絡みまくっていた

オシャレな感じというよりは酒場っていう感じのお店だったのでお酒はなかなか濃いものが多かった

酒が弱い私には結構きつかったがもう飲んでる人も全然いない中ひたすらゆんぺりとタイガーに酒を飲ませ続けた

ちっくさんもお酒は強い人みたいで一緒にお酒を楽しんだ












楽しく飲んでいたのだが次の予約があるからとラストオーダーになってしまってみんなお手洗いなどを済ませている間に会計金額を聞きに行こうとした

私が「お会計いくらか聞いてくるね~」と言って席を立ったら隣にいるちっくさんから神のお言葉が聞こえた

「もう払ってあります」

もう払ってあります・・・?

もう払ってあります・・・?!

私は今まで何度か男性と食事などをしたことがあるけど約10人近くいたオフ会メンバー

らるちゃんの分は出してあげたりするのかなーと思ったけどまさかの全員分をちっくさんが出してくれていた

FF14というゲームでこんなことができる人に出会うと思わなかった

ありがたくご馳走になった

そして3次会のお店に移動することにした












もう時間を潰すだけになっていたのでおにぎりのバスの時間まで待つ感じになった

意外とすぐ時間になってしまいお会計しにいった

割り勘の金額を計算したらまたちっくさんが多く払ってくれて一人1000円になった

なにもしていなくてオフ会に誘っただけなのにここまでしてくれるちっくさんは神だった

いくら年上だとしてもらるちゃんとおにぎり以外ほとんど知らない人なのにもう神以外の言葉が出てこなかった

そして帰る時間になり帰り道がわからない私は電車も案内してもらうことになった

来た道を戻ることにしたのだが乗り換える前に満員電車に慣れていなかった私が急激に吐き気がひどくなり一応帰る方向が近いちっくさんが近くまで付き添ってくれることになった

ある程度人が減って座れたものの一度吐き気がひどくなった私は耐えきれなくなり一度降りて休ませてもらうことになった

もう平謝りである

駅のホームでうずくまっていたらまったく知らないお姉さん(私より若い)に声をかけられてこのお水まだ開けてないから飲んでください、辛いですよねと言われて知らない人にまでお世話になってしまった

ちっくさんもお水を買ってくれて知らない人にもらったといったら笑われた

そして目的の駅までついてタクシーまで案内してもらって本当にすいませんって言っていたらちっくさんがタクシー代をくれた

駅まで送ってもらって更にタクシー代なんてと思って断ったのだがいいからいいからって感じで押し切られてタクシーの運転手もいたので時間をかけるわけにもいかずありがたく甘えさせていただくことになった

よくある女性の文句でタクシー代1000円しかくれなかったとか3000円しかくれなかったとかいうのがあると思う

ちっくさんはタクシー代全部分出してくれた・・・

ここで一緒にラブホテルという展開やお誘いがあるわけでもなくただ善意で私にここまでしてくれた

本当にただの知らない女なのに・・・

こんなFF14というゲームでここまで人間性のできた素晴らしい人間に会うと思わなくて感動した

残念ながら既婚者だ

今まで何人もの既婚者に出会ってきたが全員に爪の垢煎じて飲ませたいと思う出来事だった












FIN

ixionの人【5】

内緒にはしていたけど私も嘘つくのがうまくないのでほとんどバレバレだったようだ

マツキヨにだけだけど

むしろスシオに会う前からスシオと会ったら・・・わかるよね?みたいな言い方をされていた

付き合ってないのに何をわかればいいのかわからない

結局スシオのミュートによってマツキヨは私がスシオに会ったというのを確定したようだった

それからなんとなくだけどマツキヨが鬱になっていった

明らかにテンション低いですみたいなアピールが始まった

そしてカーバンクルについてきたキャラをイクシオンに戻すって言いだした

別に良かったけどまたメンツを探すのがめんどくさかったので一応止めた

でももう移動するからみたいな感じだったのでわかったとだけいった












鯖移動するとかいってたマツキヨだけどカーバンクルで知り合った人たちにスカイプやDMを送っていたようだった

内容はうさこは3股している、あいつは嘘つきだ、俺の言うこと信じて・・・みたいな内容

すんごく私と微妙な距離感の人たち数名にいろいろ送っていたみたいで何人かからはこんなこと言っていたよっていう感じで話が流れてきていた

私の性格を知っている人からしたらありえないでしょみたいな内容も結構あったらしくてどちらを信じるとかではないけど両方の話を聞こうって人が多かった

とりあえず私の言い分などもいったけどとりあえず言いたいことがある











付き合ってない














人によっては付き合うの基準がおかしい人もいると思うんだけど私は付き合ってくれと言われてはいわかりました以外は認めない

マツキヨは私と付き合ってたのに3股されたって言ってたみたいだった

確かにいろいろプレゼントしてもらったりしたけど付き合う話はされてない

メンヘラになってく時にPCどうしたらいいかと聞いたら使っていいしいらなかったら処分か送り返してって言われたのでそのまま使うことにした

まぁ片方の意見聞いたり3股とかくそどうでもいい他人の話を聞いて離れていくような人がいたらそれはそれでどうでもよかったので陰口は無視することにした















そしたら鯖移動していく時にちょびっとのギルとマテリアがレターで届いていた

「君の幸せを願っているよ・・・」みたいなコメント付きだった

はい

ありがとうございます

そんなこと私には言っておきながら陰口言いまくり女々しいマンなのはわかっていたのでただのネタレターだった

それで終わればよかったんだけど不思議なことが何回か起きていた

ツイッターとかでのDMのやりとりした内容のツイートをマツキヨがするようになった

どう見てもDM見てるだろっていう感じの内容だった

結果を言うと私の家に来たりしていたのでPWを抜かれてログインされていた

2重ログインなどにはしていなかったのですぐしたけど一度ログインされると端末が解除しない限りPWを変えてもログインしていられるようだった

その頃はスカイプなども使っていたけどそれもログインされていたようだった

ドン引きである

そしてイクシオンの女の子にひたすら私の悪口を吹き込んでいたみたいだった

フレンドのフレンドだった人

でも一緒に話すことがあり結局その悪口を吹き込まれた女子と仲良くなったので結局マツキヨの嘘というか虚言癖がわかり次第に存在が消えていった

私もそのイクシオンの女の子は信用しない方がいい、裏でめちゃくちゃ悪口言ってるから何言ってるかわからんと言われていて私の仲いい人と仲いい人がそんなことあるか・・・?っていうのはずっと思っていた

結局話したらただのマツキヨの虚言だったのがわかって逆に話が盛り上がり仲良くなるきっかけになった

マツキヨはイクシオンに戻ったものの信用できるようなフレンドはもう残っていなかったようで結局FF14はやめたようだった

FPSイキリだったので今はそっちに戻って頑張っているようだ












END

ixionの人【4】

しばらく北海道に来ることは渋っていたマツキヨだったが私が口だけの男だなと言っていたら本気度を見せるといって結局北海道に来ることにしたらしかった

一応都内住みだったので私の地元までは1本の飛行機で来れた

スシオと同様迎えには行かず来てもらった

とりあえずセックス目的ではないという約束で家には泊めることにした

スシオと同様でソファーベッドの予定で

ちなみにマツキヨはDの者だった

かなりガチ目に言ってほぼ女とも付き合ったことない童貞だ

年齢は二十歳を超えている











まぁはっきり言うと顔はブサイクだった

生理的に受け付けないとかそういうことではないけどオタク顔というか垢ぬけてるところは少しもなかった

北海道に来たので家に泊める代わりにご飯をご馳走してもらったりした

マツキヨは結果的に北海道に2回来たのだけどどっちがどんな感じだったか忘れたのでまとめて2回分の内容を書く

都内で仕事などもしていたマツキヨには普段私のような田舎にはないもので欲しいものがあったので代わりにショップで買ってきてほしいといって頼んでいた

ブランド物の財布なんですけども

そんなハイブランドとかではなく2~3万のもの

代わりの購入をお願いしたけどこれはマツキヨがプレゼントしてくれた

そしてマツキヨは北海道に来たものの、固定があったので北海道に来る少し前にPCを私の家に送っていた

ちょっと前にPCを新調していたのでサブにしようかと思っていたPCを私の家に持ってきた感じだった

結構ごつくて邪魔だったけどゲーミングだから仕方ないかってことになった

PCを置くデスクはマツキヨに選んでもらって買ってもらった

そんな感じでいろんな準備をして北海道にきたマツキヨだが童貞コミュ障なので私とは目を合わせて話すことができなかった

本人にも女の人とは目を見て話せないっていうのは事前に聞いていた

別にいいけど

ご飯を食べに行って寿司やら焼肉やらせっかくなのでおいしいものをひたすら食べに行った

2泊ほど滞在していたマツキヨだったけど結果だけ言うとセックスしようとしてきた

私がそういうつもりじゃないっていうから泊めたのにって言い方をしたらひたすら申し訳なさそうにしてた











そして帰ってからそういう口だけなところとかが気になって付き合っているわけでもないしなんとなーくだけど避け始めるようになった

その頃はチョコボにいた私も鯖移動してカーバンクルの民になっていた

それについてくれた人がマツキヨと今は引退?休止してしまったFCメンバーがいるんだけどその人たちとカーバンクル鯖を楽しんでいた

新しくいろんな人に出会い、この頃にスシオと知り合った

マツキヨとはなんだかんだ相談などのVCを聞いていたりしたのだけどスシオが会うのは内緒にしてって言っていたのでマツキヨにも何も言わずに普通に話していた

スシオが北海道に来て付き合ってくれというのを適当にOKしたりしていたのだけどスシオが北海道に来ていた時にマツキヨ、スシオ、その他もろもろなどで零式にいってる時期だった

そのためスシオがマツキヨのPCを使ってミュートで参加していたらここら辺でマツキヨが何か察したらしくスシオとはどうなの?みたいなことを何度も聞いてくるようになっていた

ちなみにマツキヨとは会ったけど一度も付き合ってほしいとかは言われてない

好きとかそういう気持ちだけだった

付き合ったのもスシオが内緒っていうので言わなかった











つづく

ixionの人【3】

ポポちゃんは結果だけ言うとレイドが始まった後だったか前だったかは忘れたけどMTとやっていた

マツキヨから聞いた話だと二人同時に固定を出れない日がかぶってたらしくてMTは仕事していたのでたまに休むことはあったがポポちゃんは引きこもりJKだったので休むことがなかったのに急に出れないって言うもんだから怪しんだ人が聞いたらやったのを認めたらしい

私もポポちゃんから聞き出したらやったっていってた

だからこれから何度か会って愛をはぐくむのかな~FF14出会い系ツール最高!!とか思ってたらそんなことなかった

大体直結が悪とされる理由の原因だけどやったら終わりだったようだ

MTも最初はちょっと好きっていう気持ちはあったのだがポポちゃんに実際会ってみるとデートすることになってしてたのに全く顔をあげない、こっちを見ない、会話もしないっていうコミュ障をぶちかましたらしかった

結局は会ったらイメージと違ったってことでやったけどもう終わりみたいなやつだった

FF14直結のあるある~~~~~~wwwww

まぁタイタンじゃなかっただけいいよね

やる時も痛がるだけだから萎えたらしい

まぁ経験的に2回目だし仕方ないけどね

一方ポポちゃんの方はまたやり捨てされたことにショックを受けているようだった

初対面の相手に股を開いたのだから仕方ないと思う

会った後から冷たくなっていくという話を聞いた

男もまじくそだなと思ったけど私もくそなのでメシウマとしか思わなかった












それからマツキヨとポポちゃんの固定は解散したらしくマツキヨは新しい固定などを始めていた

私はその頃チョコボ鯖に移動したりしていてマツキヨのサブキャラをチョコボに呼んで遊んだりしていた

マツキヨとは毎日VCするようになっていた

そしていつの間にか好きとも言われるようになっていた

私は会ったことがない相手とはそういうの考えられないって言っていた

向こうもまぁそうだよなぁって感じだったけど日に日に好きっていうことが増えていくようになった

マツキヨの家庭の事情や仕事の話も聞くようになっていて相談役みたいになっていた

マツキヨの家は親2人と姉と姉の子供とマツキヨの5人で暮らしていたようだったが父親は病気で働けなくて母親がたまにパート、姉も仕事はしていたけど家に金をいれてるのはマツキヨだけだったらしい

しばらくして父親の病気が悪化して家のお金が大変だからってマツキヨに10万家に金を入れろって言いだしたらしかった

何度も言うが姉は家にお金はいれてなかったらしい

離婚して戻ってきたけど家にお金入れずに居候してるらしかった

しかもマツキヨから聞いている話だとなんというか身の丈に合った生活をしていない家族だった

お金がないならお金がないなりの生活の仕方があると思うのだけど生活水準を下げるつもりはさらさらなくお金だけ請求しているようだったので一人暮らしをマツキヨに勧めたりしていた

まぁ結局お金がかかるのだけどなんだかんだ家のことの愚痴を言っていたのでその方がいいと思った

マツキヨ自身も一人暮らしするわ!とか言っていたけどいざ物件を見に行くって話を聞いたらなんだかんだ理由をつけていかなかった

俺はもうこの家から出れないわ・・・とか鬱になっていたけどその意味もわからなかった

家から出ればいいだけなのだ

その後もなんだかんだ理由をつけてモジモジするのがすごく多かった

家に10万いれるのが不満だというから身の丈にあった生活を親にさせろと言えばいや~~~みたいな

会ったことない人と考えれないといっても北海道までいくのは・・・みたいな感じ

いやそれでいいならいいけど

でも付き合ったりしないことに不満だったようだった

口だけで行動しない男は嫌だったので何回も無理というのをマツキヨには伝えた













つづく

ixionの人【2】

ポポちゃんはマツキヨのことがきっとなんとなーく好きだったと思うんだけど私と仲良くなったのを見て徐々に離れていった

でもなんだかんだ私もポポちゃんと仲良くしていたのでLINEもしてたりした

FF14のJKプレイヤーに興味津々な私はポポちゃんに処女なのかとかいうクソみたいな質問をしたりしていた

勝手なイメージだけど私から見たポポちゃんは完全に喪女って感じだったから男と付き合ったことすらないのではって感じだった

ポポちゃんにその質問をすると普通に答えてくれて処女ではないということだった

でも処女ではないという言い方

経験回数は少ないって感じみたいだったので何回か聞いたら1回だった

果たして本当に経験済みなのか?と思った

話を聞いてみると一度先輩と付き合ってセックスしたけど1回やってすぐ別れたといっていた

だから痛かっただけでいい思い出がなくておまけにやり捨てだったのでしたくないと言っていた

その割には下ネタ大好きだったけど・・・

まぁそれはいいとしてポポちゃんにも過去にそういう経験があるようだった

その話はマツキヨも知っていたようでポポちゃんが勝手に話してきたと言っていた

基本的にいつも聞き専のポポちゃんだったが昼間に親がいない時間はVCできる時間もあるようでマツキヨと何度かVCしたらしくその時に話していたみたいだった

私とのVCはしてくれなかった 悲しい












ポポちゃんともたまに話しつつマツキヨとなんだかんだ仲良くなっていった時期だった

そしてレイドも落ち着き新しく3.0が始まる時期がやってきた

その頃にはマツキヨに全然振り向いてもらえなかったポポちゃんが新たな男をひそかに狙っているようだった

それは後から知ることになる

マツキヨの固定は真正とほぼ同じメンバーでやるようでポポちゃんが変わらず相方ヒーラーをやるようだった

1層はイクシオンではかなり早く攻略していたように思う

そこそこ早期勢という感じだった

そしてポポちゃんだがいつの間にか固定のMTとそういう関係になっていたようだった

話を聞いた時にはすでに出来ていた

MTの人もそこそこノリノリみたいだった

そしたらそこで何故かマツキヨが不機嫌になりだした

まとめて訳すと「なんで俺のことずっと見ててくれないの!プンプン!」って感じだった

興味ないとかいってたくせに相手が興味持ってくれないのは不安なようだった

なんというワガママ

そして怒りだしたマツキヨはポポちゃんの悪口をひたすら広めていくことになる












つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。